Special

クリエイター鼎談

第1回


ヴラッド・ガーファンクルについて

森:まずはキャラ全体のお話ですが、アフレコのとき、役者さんに監督として最初に説明したのは、ヴラッドはクール、ルークはワイルド、トウリュウは寡黙、ウェインは無邪気という簡単なものでした。あとの部分は役者さんにおまかせしていますし、脚本の段階で、セリフに性格が出ていると思いますので読めばわかる(笑)といいますか、いつもそうなんですが、くどい説明はしないようにしています。

丸戸:話が進んでいくとヘタレな部分が見えてくるのがヴラッドです。もともとヘタレなんですが、当初はそれに加えて傲慢という側面がありました。

矢野:女々しいキャラクターという面もありますよね(笑)。

丸戸:クールだったり傲慢だったりするのは、実のところ虚勢なのかなあ(笑)。書いているときは、キャラクターとして描くのか人間として描くのか――彼は人間じゃないんですが(笑)――どちらがいいか悩みましたね。僕はなにを書いていても後者に寄ってしまうというのと、世間にどう受け入れられるのかという部分がよくわかってなかったところがあったので。結局、基本的に自分の好きな方向になってしまいましたが(笑)。

森:それでいいんだと思いますよ。あまりお堅い性格ばかりですと話としても前に進まないし面白くないので。そういうキャラクターを作っていただいて本当にありがたいと思っています。

星野:シナリオ会議では、女性からはただかっこいいよりもギャップがあって母性本能をくすぐられるという評価でした。丸戸さんと矢野さんは『いやぁへたれですよね』って(笑)。男性受けは悪いかもしれませんが、女性としては多分、ひとりの人を思い続けているというのは、女々しさじゃなくてロマンチストという変換があるかと思います。

矢野:想いを断ち切れないことを一途と言い換えることもできるんですが、ヴラッドは、自分の最終的なイメージだと『メンドクサイやつ』なんですよ(笑)。目の前に現れた自分がかつて、今でも想っている人のひ孫という存在をどうとらえていくのか、どう関わっていくのか、いろいろな意味で方針が揺れるんです。最初は『とはいえ別人だから……』と引いてみていたら相手はどんどん踏み込んでくる。それにどう対応すればいいのかと、間違いを犯したりしつつ進んでいく。そこが丸戸さん言うところの人間らしさで、そういう意味で人間らしく悩み、人間らしくめんどくさい。男女がどうこうというよりは、そういう決めきれない部分がヴラッドの一番の特徴なのかなと思ってます。

丸戸:設定的には最強なはずなんですけどね……この性格(笑)。

矢野:能力は最強ですよ(笑)。

星野:そういう弱さみたいなものは吸血鬼キャラとしても新鮮ですし、ありだったと私は思っています。ちなみに私はヴラッドがすごく好きなんですが、ターゲットとして想定していた強い女の人に憧れる女子の方々も、守られたいというよりは守りたい、彼の悲しみをぬぐってあげたいみたいな感じはあるのかもしれないです。

丸戸:そこなんですよ! 強い女子に憧れる女子をターゲットにしたとき、強い女子が好きなキャラクターを配置していいのかという悩みがあったんです。

星野:ヴラッドもちゃんと人気ありますから大丈夫です!

丸戸:よかった……。

矢野:一安心です(笑)。

星野:皆さんが思われているほど、女子は女々しいと思っていないのかと思います。『カッコイイ』の一言に集約されてしまうので、そこに含まれたすべての感情はわからないですが、やっぱり最後にはきちんと決めてくれる、守ってくれているところはありますから。

矢野:やることはちゃんとやりますよね(笑)。

丸戸:もともと最強なんですもの(笑)。

第2回


ルーク・ボーエンについて

森:ルークはひとりでいろいろとしゃべって、説明までしてくれるから楽です。丸戸さんもセリフが書きやすかったんじゃないですか?

丸戸:ルークは自分は強いけれど最強ではないことを自覚しながら、きちんとできることを頑張るような、正しく少年主人公的ないいキャラクターですよね。

矢野:とてもいいヤツですよね。過去にいろいろあったところも含めて、自分でもある程度、いいヤツであろう、いいヤツになろうとしている気がします。苦労もしているから、それが嫌味にならない。

星野:絶対にファンがつく鉄板キャラですよね。カッコよくてちょっとナンパで、いわゆる女子向けに必ず出てくる男子という感じ。男性も癖がないルークのことは好きなんじゃないかなと思います。でも、一番女子が興奮したのは、獣化したときにウルフマン(全身毛だらけ)にならなかったところですね!

丸戸:そこは強い監修が入りましたからね(笑)。どこまで獣にするのかという点についてはいろいろと議論がありました。

矢野:以前、吸血鬼の弱点について中国ではあまり一般的に知られていないという話をしましたけど、同じように狼男の存在もメジャーではないんです。日本のお客さんがなんとなく知っている狼男の特徴や弱点というものが、それほど浸透していないので、そのあたりはあまり触れないで作っています。全身を変身させず、顔を人間のままで獣の耳だけ生やしたのは、ビジュアルとしてどうかという考えからです。

丸戸:最終的に胸毛をどうするか、激しい議論がありました。

星野:胸毛は絶対にないです!(笑)アンブラは人外ですけど、『戦うイケメン』のラインを外してしまってはいけないところがあるんです。視聴者からは1話で変身したときに『こうきたか!』『まさかのケモミミ!』というその辺がかわいいという反応がありましたので、やはり胸毛なしにした判断は間違っていなかったと思っています。

丸戸:獣と人間の耳は共存するのかも問題になりましたね。

森:ルークがスマホを使うときに、よく間違えていました。何カットか人間の耳の方にスマホをあてて描いてあって、ハンズフリーの状態に修正しています。

丸戸:耳がどこにあるかを考えさせちゃいけない(笑)。

第3回


寡黙なトウリュウ

森:トウリュウは表情がほとんど見えなくて、セリフも喜怒哀楽をそれほど出すタイプではないので、作画的には(笑)楽だろうと思っていたんですが、顔に出ないのもそれはそれで難しかったですね。楽でもあり難しくもありでした。

矢野:中国でイメージがわきやすい「アンブラ」として、キョンシーを持ってきています。もっとわかりやすく言うと、トワイライツの最初の配置は『怪物くん』なので、フランケンと吸血鬼と狼男、フランケンの部分をキョンシーに差し替えたのがスタート地点です。

星野:カッコいいキョンシーが出てきて、ガトリングぶっ放すっていうのがビックリでした。

矢野:ヴラッドとルークが接近戦型だったので、後ろからとにかく弾をバリバリ撃つ感じにしようと。袖からなんでも取り出す仙人のイメージから、それなら銃を取り出せばいいじゃないと。

丸戸:ガンタンク的な役割ですね(笑)。

矢野:トウリュウは声が印象的でしたね。まずトウリュウのキャラ造形で杉田さんにしようというのが意外でしたし、やっていただいたらすごく面白く仕上がっていました。

ヘイシンの過去

丸戸:ヘイシンはリージャンと同じ家の出で、トンの実家は彼に滅ぼされてます。

矢野:リージャンの旦那さんの兄貴がヘイシンです。リージャンは結婚で入ってきたわけですが、同じ一族になります。

丸戸:で、トウリュウを作ったのがヘイシン。

森:第4話の冒頭はリージャンの住んでいた家ですよね。ヘイシンがトウリュウをけしかけて襲わせたってことですか。

矢野:襲わせたのか、ヘイシンがなにかやっているのを見抜いて暴走したのかというところですね。

丸戸:そういう形で滅ぼされて、リージャンがいなくなっていたので、一族で生き残ったのはリージャンの息子――トンのおじいちゃんだけになってしまったんですが、資産はあったので保護されて育って、家はちゃんと続いたんです。この辺の歴史がいろいろと捻じ曲がって伝えられたせいで、逃げ出したリージャンは悪いヤツだと自分の母親を憎んでいた。トンが持っていたリージャンからの手紙は、本当はおじいちゃんに届いたもので、見もせずに、捨てるには忍びないのでしまいこまれていたものなんです。それをトンが見つけて読んだ。トンにとって、リージャンは憧れの曾おばあちゃんなんだけど、家ではそんなことひとことも言えない状況だったんですね。

矢野:あの時代にロンドンに行って活躍していたというだけで、憧れの対象にはなりえますからね。

丸戸:だけど、曾おばあちゃんはどういう人だったのって聞くと、親にはすごく渋い顔をされる。それで余計にいろいろと想像を膨らませていたところもあるのかと思います。

星野:でも、ヘイシンが家を滅ぼしたのってなんでなんでしょう。

丸戸:修行をこじらせたとでもいうんでしょうか。

矢野:すごく単純な話で、不老不死に行き着きたかったんだけど、その道筋をこじらせてしまったのが大きいと思いますね。

丸戸:術者の家系だったんですよ。そして、もしかしたらリージャンという、自分よりもすごいかもしれない人が現れたことへの焦燥感もあったのかもしれないです。

矢野:追い越されるかもしれないものを見てしまって、ねじ曲がってしまったと。

丸戸:自分は術者としてどう生きるべきかという部分から、とにかく自分だけで生きていけばいいんじゃないかと思ってしまったのかもしれないですね。リージャンが引き金になっているともいえるでしょう。

第4回


普段のトウリュウはどんな感じ?

丸戸:カフェでは黙々と掃除していそうですね。

矢野:基本的に無駄な会話をしないし、なにかあればすぐ来てくれると思います。

森:カフェのお客さんもいやすいと思いますよ、うるさい店員じゃないので。

丸戸:きっと、ヴラッドとルークが言い争いをしたときに、どちらが正しいか裁定を下す役(笑)、そんな感じになりそうです。

矢野:OPではウェインのお世話をしていますけど、あまりコンビ感はないですよね。

森:12話で『ワガママはよしなさい』とウェインをたしなめるシーンがありますが、いつもそういう関係だったというよりも、最終的にあの関係になったということですね。

丸戸:トウリュウは誰に対してもお世話係的なところ、執事感がありますからね。

矢野:普段から無茶振りもされたりしているので、慣れているんじゃないでしょうか。

森:8話でトンの髪を梳いてましたが、リージャンにもしていたんでしょうね。

星野:冷静に考えると、割とこき使われてる感じもありますよね(笑)。

丸戸:リージャンは家事ができたんでしょうかね? トンは何もできないけれど、リージャンは結婚して子供も育てている、一応、家庭に入っているわけですし。

矢野:昔から大きな家だったことを考えると、お手伝いさん的な人たちは雇っていたでしょうね。とはいえ、彼女の行動力を考えると、今のトンよりはできたんじゃないでしょうか(笑)。

星野:ある意味、お世話され慣れている家系なんですね。

第5回


ルークとヴラッドはいいコンビ?

丸戸:はぐれものの狼であるルークと、人嫌いの吸血鬼ヴラッドですから、絶対に反目し合っていたでしょうね。

矢野:けっこうケンカしていたはずです。出会った当時、トウリュウはいましたがリージャンはいないので、ヴラッドを止める人間もいませんし。

丸戸:当時は今よりももっとトゲトゲしい感じのケンカをしていたのかと。

矢野:ペペロンチーノを作るくだりも、きっとそのころに比べたらかわいい嫌がらせ程度なんですよ(笑)。ニンニクが吸血鬼の弱点というネタはわからなくてもいい前提で投げているボールですが。

丸戸:紅茶の香りと合うわけがないですからね。しかしルーク、間違いなく魂はイタリア人ですよね。シャツは胸の半ばまではだけてそうですし、胸毛があってもいいんじゃないかって思って……(笑)。

星野:ダメです! 胸毛のないイタリア人もいます!(笑)

森:そもそも作画が厳しいのでナシで……(笑)。

星野:でも、確かにルークは出すものすべてイタリアンですよね?

矢野:単純に、イタリア料理がおいしかったんだと思います。おそらくクリスと仲たがいしたり群れからはぐれる前に、人間の料理に感動することがあって、もっと人間に近づこうとした結果、里がヒドイ目にあってしまうという流れです。

第6回


とにかく強い、トンというキャラクター

丸戸:最強であるヴラッドに対して『私に勝てると思っているの?』くらいのことを言いますからね、トン。

矢野:トンは想像通りに動いてくれましたね。もともと、企画を始めたときにこういう主人公像がいいというHappy Elementsさんからのオーダーがあってできあがったキャラクターなので、話の中でどう変わっていったかはともかく、芯の部分は丸戸さんに肉付けしていただいたイメージ通りで、違和感なくストレートに受け取れました。

丸戸:女性が憧れる女性として、強いキャラクターを書いていたんですが、書いていく間も私が考えて私がこう決めるという形、受け身になることがないようにと、Happy Elementsさんからは再三チェックをいただきました。ちゃんと女性受けしてましたか?

星野:いわゆる女性向け作品よりも強い主人公ということで、半々ではありますが、思った以上に受け入れられてます。視野に入れていた中国ではもちろん受け入れられているんですが、日本でもカッコイイとか、トンとシンヤオみたいなカップルはいいっていう反応もあります。

丸戸:僕の作品のファンが見ると、『やっぱり丸戸の主人公はウザいな』っていう感想があるみたいなんですが、僕自身はそういうつもりで書いたんじゃない!って(笑)。今までの色をすべて捨てて、ちゃんと指示通りに市場に受け入れられるために書いたつもりが……(笑)。

星野:そういう意味では、強い女性が書ける人に発注したという判断が間違っていなかったとも(笑)。これは勝手な思い込みかもしれないですけど、丸戸さんだからこんなに意志が強くてアクティブに動く、男ともラブやラブコメにはならないというんでしょうか、そんな対等な関係として立てるキャラクターが書けたのかなとも思います。

森:女性だから弱いというのは日本のアニメに多い表現ですが、このくらい強くて普通なんですという部分はありますね。私がそういう考え方の監督の作品に参加することが多かったせいもありますけど、女がか弱いものだと思ってくれるなと再三言われていたので、トンのようなキャラクターは、やり慣れていたかもしれません。絵的な面では、(日本の定番である)描きなれた弱い表情で原画があがってくることが多かったんですが、『トンは本当に強いキャラなのでこんな顔はしません』という形で、ほとんど修正を入れました。シンヤオは逆に放っておいたんですが、本当は彼女もそんなに弱いキャラクターではないので、直す部分もありました

星野:ファンの方々の反応を分析していると、もちろん男性キャラクターへのコメントが圧倒的に多いんです。でも、トンに対してネガティブだったら、なにかしら反応があるじゃないですか。それが普通に受け入れられていて、その中にチラチラと、女の子でもトンのファンがいるんです。『カッコイイ、憧れる、トンのキャラクターグッズはなんであまり出ていないの』というような反応もある。日本でも心配したほど、見ている方の中で違和感はなかったんだと思います。

第7回


変化の激しかったウェイン・キング

矢野:最初の設定からは、ウェインが一番変わりましたね。端から端まで変わったと言ってもいいくらい。

丸戸:最初はジキルとハイドだったんです。謎の行方不明の少年なんだけど、本当は入院しているという設定で。

矢野:生霊的なイメージですね。

丸戸:お父さんが敵側の科学者で、その実験でハイドになるという話があったんですが、途中で全部変えました。

矢野:敵組織に科学者の存在がはまりにくかったのと、キャラクターが多かったこと、さまざまな要素があって変わった感じですね。ネットワークが得意という設定が最後まで残っています。

丸戸:ワイアードゴーストみたいなイメージですね。

矢野:今の時代でゴーストと言ったときに、単純に幽霊というよりも、能力的に電子の世界に潜れるといいだろうと、憑依能力でネットワーク機器に次々と入っていけばハッキングもできるという形でスタートしています。

丸戸:最初の設定では人形には憑依できず、ロボット――コンピュータ、CPUのあるモノになら憑依できたんです。ルンバやカーナビはOK(笑)。

矢野:アナログなものには憑依できないところがスタートだったんですよね。

丸戸:それでも二重人格は残したかった。そのために記憶喪失と正体不明の二元体制にして、記憶を失っている理由は元ネタが強すぎてわざと記憶を消して隠れているという形にしたらどうだろうと。とにかくショタっぽいキャラが、いきなり態度悪くなるというシチュエーションがやりたかったところがあります。

星野:そういえば普段にぎやかなウェインが1話では静かにしてましたよね。

丸戸:1話でキャラクターを全員出してしまうのは整理が追い付かないという判断はありました(笑)。

星野:『せっかくみんなの力になれればって思って、目覚めたのになぁ』ってセリフがあったので、寝てたのかなあと思ってました(笑)。

森:みんながハイドパークに出て行ったとき、トンがひとりだけ残ってしまって、結局、店を出ていくじゃないですか。あのシーンで他人の店にひとりで残されたのに、外に出ていけないなと思って付けたしたのが、ルークの『大丈夫、もうひとりいる』というセリフで、それを言ってくれればトンも出ていけるなと。つまり、ウェインは留守番していたんです(笑)。

矢野:実は第1話ではほとんどカフェにいないんですよね。最初にトンが迷い込んだときだけですから、そういう意味ではたまたま寝ていたのか、お客さん相手だからいちいち反応しなかったのかというところですね。

丸戸:ウェインはヴラッドが拾ってきたんです。そもそもトワイライツはアンブラの駆け込み寺的な存在なので、そういうことがよくあります。

矢野:なにかしらの事件があってそうなったんですが、最初は今のものとは違う人形に憑依していました。続編を作れるのならば言及したいところなんですが、事件に関わったことで、ヴラッドはウェインの正体を知っています。その事件の結果、ウェインを連れてくることになったという感じだと思います。ルークもトウリュウも、ヴラッドが連れてきたのであまり深く追求していないですが、何か事情があることは察しています。

星野:ウェインの二重人格的な『ギャップ』は、私の中では2段階あるんですよね。まず見た目のかわいらしさに反して、小悪魔的で飄々としているギャップがひとつ。そこで終わりだと思っていたら、人格がまるごと変わって小悪魔的ではなく悪魔的になってしまうようなギャップが待っていて、ウェインはただのかわいい男の子を凌駕しているなと。キャスト的には山下さんがはまり役的に演じられていて、悪魔になったときにはドSな声まで聞かせてくれる。その声がまたフォルムとマッチしているので、魂を持っていかれる女子は間違いなくいますよ。悪魔から普通の人格に戻った後にギャグっぽく『どうやら僕は人類を滅ぼさずに済んだみたいだ……』とセリフを言うのも、余韻的なモノが残っているのかなと。今後のウェインの活躍への期待値があがってくる部分があって、いつまた悪魔になるんだろうと待ってしまうんですよね。第7話のラストですっかり持っていかれた人は多かったようです。かわいいフォルムが好きな女の子が『え? そんな、守られちゃう……』みたいなシチュエーションはあまりないので、すごくよかったなあと思います。そういう意味では、最終回に向かうに従って『推しがわからなくなってきた』『選べない』という声は増えていた気がします。

丸戸:最終的にはヘルシングさんですよ!

星野:残念ながらその声はまったくないですね(笑)。

< Back to List